老前整理のメリット








経験者の体験談をもとにメリットを6つにまとめてみました。

これだけでは分かりにくい点もあるかと思いますので具体例を挙げて解説していきましょう。

 


 最初の掃除に関しては、床にあふれていたものがなくなれば、掃除機をかけるのもスイスイ進むし、簡単だから時間もかからない。また床にものがないということはものにつまずいて転ぶ、つまり転倒の危険も減る。

 なんだ、そんなことと思われるかもしれませんが。毎日の積み重ねがいかに大きいか、これからこのスイスイが何十年も続くとすれば、労力と時間の節約になると思いませんか。

 床にものがなければ、ひとりでお掃除してくれるお掃除ロボットも使えますよ。もしかしたらその空いた時間で何か他の楽しいことができるかもしれません。

 2つめのも探し物が減れば、使いたいものがすぐ使えるようになります。この逆は使いたい時に使いたいものがどこにあるかわからない、イライラしませんか。

 それに出かけるときに限って必要なものが見つからない。これってストレスになりませんか。下手をすると、間に合わなくて新しいものを買わなければならない。これこそもったいないですね。

 3つめの「片づけなくては」というプレッシャーは目には見えませんが、もしかしたら女性にとって一番負担になっていたかもしれません。。

 男性には信じがたい話かもしれませんが、女性はこのプレッシャーを五年十年と抱えています。

 どうしてそんなことが? と思われるならば、周囲の女性に聞いてみてください。

 ところが一番身近な男性、つまり夫にはそこがなかなか理解してもらえない場合が多いのです。

 そして、この「片づけないといけない」という肩の荷がなくなれば、どれほど心が軽くなるでしょう。もしかしたら、これが一番のメリットかもしれません。もののスッキリだけでなく、心もスッキリするはずです。

 4つめは人間関係の問題です。整理や片づけで、どうしてコミュニケーションが増えるのかと不思議に思われる人も多いと思います。

それでは質問です。夫婦の会話が年々減っていませんか。かといって突然「これからどうする?」では、会話は進まないでしょう。そこで話のネタをつくるのです。

  たとえば、倉庫にしまってある石油ストーブは、三年間使っていません。どうしましょう?

 この石油ストーブをネタに妻が夫にきいて下さい。

 「この石油ストーブ、ファンヒータを買ったからもう使わないわね。粗大ごみの日に出しましょうか」

 「いや、これだけは、地震や災害で停電になった時のために残しておこう。棚の上の小さい電気ストーブは処分すればいいから」

このように、「もの」を介して、これからのことを考えれば、コミュニケーションも増えお互いの考えもわかる機会になるのです。どうです、話のネタがたくさん眠っていませんか。

 5つめの、消費行動というと大げさに聞こえるかもしれませんが、実際、老前整理をすると、バーゲンで買った洋服や日用品を、着ないから、使わないからと、泣く泣く処分することもあります。

 もったいないし、自分に対しても腹が立ち、胸が痛みます。

 こうした「痛み」を経験すると、次にものを買う時、本当に使うか、本当に着るかと自分に問いかけるようになるでしょう。つまり安いからと無駄なものを買わなくなるから消費行動が変わるのです。

 6つめの安全と災害への備えは、地震に対して整理タンスの上に人形ケースなどの危ないものは置いていないか。

 いざという時に、緊急避難袋や重要な書類が家族誰でも持ち出せるか。

 停電や断水の時に必要な食料は保管してあるか。消費期限切れになっていないか。

 転倒の原因となりやすい、床にものが散乱していないか、これらに注意が及ぶようになる。同時に「もの」についての管理ができるようになれば、結果として安全と災害への備えにつながるでしょう。

いかがでしょう、やる気が出ましたか。かといって、頑張りすぎないでくださいね。マイペースで進めてまいりましょう。

『老前整理の極意』より


 



 行動経済学のナッジについて ナッジとは

 老前整理のナッジ1 カレンダー

 老前整理のナッジ2 自分史年表

 老前整理のナッジ3 書類の整理

 老前整理のナッジ4 決断するために視点を変える

 老前整理のナッジ5 老前整理に成功するために

 老前整理のナッジ6 フレーミング効果   

 老前整理のナッジ7 探し物が多い

 老前整理のナッジ8 トイレットペーパー1カ月分

 老前整理のナッジ9 老前整理の収納術

 老前整理のナッジ10 片づけの基準を決める

 老前整理のナッジ11 モチベーションを上げる

 老前整理のナッジ12 悩みの種の洋服の片付ける

 老前整理のナッジ13 人間関係から考える