老前整理のナッジ3

【書類の整理】

毎日増える書類を整理する


 ひと目でわかる分類法で、不要な書類を減らしていく

 ものの整理が苦手で、特に紙類がたまってしまうというご相談がありました。

 写真のようのに、請求書、領収書、お知らせ、DMなどなど、書類が積み重なっていました。

 そこで、溜めずに、書類をその場で分類していく方法を提案しました。

 ものの整理は、片づける手数をいかに減らすかがポイントです。

そのためにはまず、分類すること。
洋服や日用品なら「いる(使う)}「いらない(捨てる)}「保留にする」に分類し、いらないものを処分するだけでかなり整理できます。


 毎日のように届くDMや書類ならばなおさら、放っておくとたちまち写真のような紙の山になってしまい、必要な書類を探し出すのに無駄な時間を費やすことになります。

 そこで、カラーボックス(書類入れ)を使った、一目でわかる分類法。色別にボックスごと「確認」「保留(未処理」「保管」のラベルを貼って分類します。

 不要な書類はその都度捨てていけば、いつでも片付いた状態がキープできます。

 『日本一親切な老前整理』より

書類をボックスで整理
確認―赤ー行動をうながす

支払いや同窓会の出欠など、返信の必要なものや、確認するもの

保留(未処理)―黄色ー注意

処理が決まらない書類を入れておき、あとで決める。


保管―緑ー保管するのみ

撮っておきたい書類や領収書を入れておき、1か月に1回程度、整理してファイリングなどする。

 このように箱型だから取り出しやすく、棚にもおさまるので、見た目もスッキリした印象です。

 また家族で情報などを共有しておくことにより、連絡忘れを防げたり、あれはどこへいったと探し回ることもなくなります。

(2010年の講演開始時から、この方法をお話ししています)




 行動経済学のナッジについて ナッジとは

 老前整理のナッジ1 カレンダー

 老前整理のナッジ2 自分史年表

 老前整理のナッジ3 書類の整理

 老前整理のナッジ4 決断するために視点を変える

 老前整理のナッジ5 老前整理に成功するために

 老前整理のナッジ6 フレーミング効果   

 老前整理のナッジ7 探し物が多い

 老前整理のナッジ8 トイレットペーパー1カ月分

 老前整理のナッジ9 老前整理の収納術

 老前整理のナッジ10 片づけの基準を決める

 老前整理のナッジ11 モチベーションを上げる

 老前整理のナッジ12 悩みの種の洋服の片付ける

 老前整理のナッジ13 人間関係から考える