行動経済学と老前整理8

捨てられない心理


なぜ捨てられないのか

 老前整理で、「捨てられない心理」を行動経済学で説明すれば次の3つの理由が考えられます。

、「損失回避」

 これは得(プラス)と損(マイナス)を比べると、得をするより損をする方がショックが大きいのです。これは洋服を失う時のみじめさは、洋服が手に入った時の幸福感の2倍にあたるともいえます。

 つまりまだ着られる(と思っている)洋服を捨てることは損に結びつくので手放せないのです。そして損をするくらいなら、何も変えないほうがましだというわけです。

2、「保有効果」

 第一の損失回避の感情は保有効果につながります。保有効果は、一度ものを所有したら、それに高い価値を感じどうしても必要なものではなくても手放そうとしなくなるのです。

3、「現状維持バイアス」

 偏りや傾向として心理学の「バイアス」ということばが出てきましたが、これは人間がおかすエラーの中でも特定の状況で繰り返し起きやすいなエラーのことで、予測が可能だということです。

捨てられないのは、決断力がないからとか、ケチだからとか、ご自分を責めていませんか。

こうして行動経済学で「捨てられない心理」を知ると、ものの見方が変わりませんか。

「私はこうして損失回避をしようとしている」とか、「手放したくないのは保有効果ね」とか、「現状を変えたくない『現状維持バイアス』がかかっているけれど、本当に現状でよいのかしらとか…;」

大切なのはここからどうするか、自分で考えていくことです。




 行動経済学と老前整理1  行動経済学との出会い

 行動経済学と老前整理2  ものを手放せないのはなぜ?

 行動経済学と老前整理3  心理学と経済学がなぜつながるの?

 行動経済学と老前整理4  無料に弱い!と気づいてました?

 行動経済学と老前整理5  ナッジ(nudge)をどうとらえるか

 行動経済学と老前整理6  ものが増える原因

 行動経済学と老前整理7  老前整理の鉄則を行動経済学からみると

 行動経済学と老前整理8  「捨てられない」心理




   


 行動経済学のナッジについて ナッジとは

 老前整理のナッジ1 カレンダー

 老前整理のナッジ2 自分史年表

 老前整理のナッジ3 書類の整理

 老前整理のナッジ4 決断するために視点を変える

 老前整理のナッジ5 老前整理に成功するために

 老前整理のナッジ6 フレーミング効果   

 老前整理のナッジ7 探し物が多い

 老前整理のナッジ8 トイレットペーパー1カ月分

 老前整理のナッジ9 老前整理の収納術

 老前整理のナッジ10 片づけの基準を決める

 老前整理のナッジ11 モチベーションを上げる

 老前整理のナッジ12 悩みの種の洋服を片づける

 老前整理のナッジ13 人間関係から考える