【空家相続の特例



ご存知ですか、空家の相続についての特例があります。


国税庁 No.3306 被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例

要約

平成28年度の税制改正で、亡くなった方のご自宅不動産を相続または遺贈で取得し、

売却した場合に、<b>譲渡所得の金額から最高3,000万円まで控除</b>することが

できる特例ができました。


亡くなった方が亡くなる直前まで1人で住んでいた家

昭和56年5月31日以前に建築

区分所有物(例:マンションの1室)でない 



このような物件を相続して

1、家屋(または家屋と敷地)を売却する場合の要件

 相続後、貸付や居住の用に供していないこと

 売却時に家屋が一定の耐震基準を満たしていること

2、家屋を取り壊して、敷地を売却する場合の要件

 相続後、貸付や居住の用に供していないこと


1,2いずれの場合でも、相続日から3年を経過する日の属する年の12月31日まで

に売却し、売却代金が1億円以下であることが必要です。

 現状ではこの特例が適用できるのは平成31年12月31日までの売却についてです

が、期間延長や要件緩和の要望が出されており、今後どのようになるかわからないそ

うです。特例の利用を検討される場合は専門家にご相談されるのが良いかもしれませ
ん。


問題別取り組み方


・なぜ片づけられなかったか⇒理由

・50歳からの暮らしを創造する ⇒老前整理のナッジA(自分史年表)

・家族のコミュニケーション⇒老前整理だからできる

・このままではものは増えるばかり⇒なぜ老前なのか

・未経験の老いることへの対策⇒老いを受け入れる

・「いつかやろう」を解決する⇒老前整理のナッジ@(カレンダー)

・安全について⇒暮らしと安全

・災害について⇒災害への備え

・ひとり暮らしになったら⇒老前整理をするために

・子どもたちに託すこと⇒仏壇や墓のこと

・子どものいないご夫婦⇒2人で今後の計画を立てる

・高齢の親の家の片付け⇒ゴミ屋敷にならないか心配!

・親の介護中⇒介護をしている人ほど、自分を大切にしよう!

・家族の遺品整理は一筋縄ではいかない⇒「もの」の整理「心」の整理

空家で困っている実例紹介  
    
     空家の相続問題⇒売った時の特例

・体調がわるいとき⇒焦らない

・男性の老前整理⇒はじめの一歩