これを片づけたい5       

       【人形が捨てられない】



古い人形をどうするか



 セミナーで時々質問があるのが古い人形の処分の仕方です。

 ここで「なぜ?」と思われた人には無縁の話です。

「そうそう」とうなずいた人にとっては悩みの種かもしれません。

 つまり人形を単なるゴミとして捨てられない人です。これはゴミの分別の問題でな

く考え方の違いで、どちらが良い・悪いということではありません。

 たとえば子どものころに母親から人形を粗末に扱ってはいけない、「いのち」があ

るのよと教えられた人。子どもが小学生のころ友だちのように大切にしていて真っ黒

になった犬のぬいぐるみをゴミとして捨てられないという人もあり「どうすればよい

ですか」となります。

 セミナーでのお訊ねには、会場にお越しの方にお聞きします。すると必ず、○○町

のなんとか寺に持って行けばよいというアドバイスが返ってきます。有難いですね。

 つまり地元の方はよくご存じなので教えていただきます。

 この場合人形供養ということで供養料を添えることになります。お願いするときに

はこのこともお訊ねになったうえで得心すれば、依頼してください。

 ある女性は近くのお寺に聞くと思ったより高額だったので、そこまで払う必要はな

いと考え「長い間ありがとう」と袋に入れて、ごみとして処分したそうです。

 結論としては自分が納得して手放すことです。

「納得」にこだわるのは、不本意ながらごみとして捨てたとしましょう。すると、あ

のときあんな捨て方をしなければよかったと後悔したり、場合によっては、交通事故

や病気になったのは人形を捨てた罰かたたりではないかと思い煩う人が出てきます。

 こうなっても捨てた人形をどうすることもできません。つまり後々引きずらないた

めに、「納得」して手放すことを勧めます。

 処分の前に、子どもたちが大きくなってから飾っていないとか、うちにも眠ってい

るひな人形があるというお宅は久しぶりに飾ってみてはどうでしょう。友だちを呼ん

で「おとなのひな祭り」はいかがですか。

『転ばぬ先の老前整理』より                         

                                  




【 これを片づけたい もの別 】

 これを片づけたい1⇒アルバム

 これを片づけたい2⇒来客用の布団

 これを片づけたい3⇒食器の整理

 これを片づけたい4⇒来客用の高級食器

 これを片づけたい5⇒人形が捨てられない

 これを片づけたい6⇒レコートやビデオ

 これを片づけたい7⇒記念品

 これを片づけたい8⇒手紙・日記

 これを片づけたい9⇒きもの

 これを片づけたい10⇒本を手放すには