【無料の商品券


 
どちらを選びますか


拙著『老前整理の極意』第3回 なぜものが増えるのか より

「無料」は敵なし

 この無料の力について、果たして本当にそういえるだろうか。わたしもアンケート

で質問をしてみました。


■ここにデパートの商品券があります。無料で1,000円分を受け取るのと、700円出

して2,000円分を受け取るのと、どちらを選びますか。□にチェックをしてくださ

い。


□1,000円分の商品券を選ぶ


□2,000円分の商品券を選ぶ


さて、みなさんはどちらを選ばれたでしょうか。

アンケートの結果は、無料が54.2%700円出してが45.8%でした。  

 どちらがお得かは冷静に考えてみれば、すぐわかりますね。

700円を出しても2,000円の商品券をもらえば、プラス1,300円。無料の1,000円の

商品券はプラス1,000円です。

しかし半分以上の方が無料を選ばれました。チョコレートとは違いますが、これも無

料の力といえるかもしれません。


 なぜこれほど「無料の力」が強いのか。無料だと、お金を出さなくてすむこと。

つまり本質的にお金を失うことを恐れているからです。またお金を出して失敗すれば

後悔がついてまわる。

しかし無料であれば、たとえ失敗してもどうせ無料だから損をするわけではない、と

思えるからです。

こうしてついつい無料に引かれて必要でないもの、欲しくないものまで抱え込んでし

まうのではないでしょうか。

イラストは西村亜由美氏


皆さんはどちらの商品券を選びましたか。

デパートの商品券でなくて、アマゾンやネットショップの金券ならどうでしょう?

もしかしたら答えが違ってくるかもしれません。

商品券にしたのは、答えてくださる対象が50代以上だったからです。

無料の力は侮れないと思いませんか。



身近なこんな例もあります。 無料の力⇒無料のクッキー



【 行動経済学と老前整理 】


 行動経済学と老前整理1  行動経済学との出会い

 行動経済学と老前整理2  ものを手放せないのはなぜ?

 行動経済学と老前整理3  心理学と経済学がなぜつながるの?
              
              見ているものが正しいとは限らない

 行動経済学と老前整理4  無料に弱い!と気づいてました?

              無料の商品券

              無料のクッキー 

 行動経済学と老前整理5  ナッジ(nudge)をどうとらえるか

 行動経済学と老前整理6  ものが増える原因

 行動経済学と老前整理7  老前整理の鉄則を行動経済学からみると

 行動経済学と老前整理8  「捨てられない」心理