■目次
第1章 老いるほど捨てられない
第2章 モノの整理は、心の整理 わくわく片づけ講座
第3章 捨てれば、心も暮らしも軽くなる
第4章 よりよく生きるために、いまからできること

■2011年1月31日徳間書店 
■価格:本体1200円+税

   

   

 



『老前整理』出版について

「老前整理」ということばは、私が考えた造語で、老いる前に一度暮らしを見直してみませんかというご提案です。なぜそのようなことが必要になるかといえば、モノは増やすより減らす方が難しいからです。

年を重ねるほどに、モノを捨てる、手放すことが困難になります。モノの量に比例して生活が便利になれば良いのですが、現実はそれに反して、モノが多いほど生活の利便性を損なっている場合が多く、これは私が介護の現場で痛感したことです。

いつか、そのうち、時間ができたらで、5年10年があっという間に過ぎてしまう。

しかし、モノを片付けるには体力;と気力や判断力が必要なことをご存じの方が少ないように思います。また、家の中にどれだけのモノがあるのかを把握しておられる方も多くはないようです。

食べ物には賞味期限があるけれど、洋服や日用品にはその表示がありません。まだ使える、もったいないということで、モノはどんどん増えていくばかり。

いつまでたっても来ない、「いつか」ではなく、定年や子どもの独立などそれまでと「暮らしが変わる」時期に、一度身辺をすっきりしてみませんかということが老前整理です。

そして、モノの整理をするためには、これまでの人生の棚おろしと、これからどういう暮らしをしたいのかを考えることが必要になります。これは一朝一夕に答えの出ることではないでしょう。また、ご夫婦であれば、時間をかけて、お二人で考えていただきたい問題です。これにはモノ以前に、人間関係やおつきあい、お金の問題なども含まれます。なぜなら、これらを抜きにして、モノの要不要は決められないからです。

本書は、いわゆる整理術やそのノウハウではありません。

人生の節目を迎えた皆様が、新しい暮らしを迎えられるきっかけづくりになれば幸いです。

   2011年1月                                           




読者からいただいたお葉書
 徳間書店がこのようながきを本にはさんでアンケートを行って下さいました。

◆著者へのメッセージ、または本書のご感想をお書きください。

この欄に下のメッセージ、感想を書いて送ってくださいました。
メッセージ・感想
ご住所 職業 年齢
定年までのころわずかになり、これを機に、収入も減るのでシンプルな生活にしようと思いまし
た。不要なものはフリーマーケットで処分し、人間関係も最低限にしようとm年賀状もだいぶや
めました。

これからも少しずつ時間を見つけて家のなかを片づけてすっきりさせたいと思います。本当に興
味深区読みました。
神奈川
会社員 58

50歳過ぎた頃より物を減らして生活することを決め、整理しています、その時感じたことは、
思い出の品物が目の前になくても、その物の思い出は、はっきりと自身の心の中に焼き付いて残
っているものだと思いました。

私は生まれてから結婚するまでの写真すべてを処分しましたが、不思議とその写真すべてが心の
中に残っています。いつでも思い出すことができます。

義母の介護が始まるまでに、すべて私の家の整理をしてしまおうと思っています。
福井県 主婦 60

3世代同居(7に恩家族)物はどんどん増えていきます。体の動くうちに自分の物に取りかかって
います。なかなか捨てるのに勇気がいりますね。

物は増えるが、金は減る。需要と供給のバランスがみだれている生活状況です。
愛知県 無職 67

自ら、身辺整理と称して、片づけし始めていましたので、”そうだ、そうだ”とうなずきながら一
気に読んでしまった程、ワクワクもし、やる気が更にわいてきました。ゴチャゴチャしていたも
のがきれいにファイルされたりしていくと、自分が見えてくるような気がしました。
千葉県 主婦 59

自分の部屋だけでもと思ってやり始めましたが、本当に気力、体力、根気が要る事を痛感しまし
た。成果を感じたく思っています。
大阪府 ナシ 73

人は何も持たずに生まれ、何も持たずにあの世にいくのに、あくせく働いて物を沢山身のまわり
に置き、却って不幸になっていくんですね。残された家族の身になって、今からコツコツと整理
をしていきます。
鳥取県 自営業 62

いつも、片付けをしないといけないと思いながら、日々忙しくできないままで、本を読み、わかっているが実行できないままでしたが、決心して…参考になりました。 大阪府 主婦 46歳 女性
最近、他人の家を見て、やたらとゴミが気になっていました。わが家もだいぶ前から古着、雑誌、本など片づけておりましたが,今だに雑然としています。そんな時、この本に出会えて参考にしたいと思い購入したところ、大変勉強になりました。 宮城県 主婦 67歳 女性
ようやく今の私にピッタリの本にめぐり逢いました。自分の事を言われている様です。スッキリして暮らしてるつもりですが、まだまだ物が多すぎます。鉄則を守りながら、もうすでに気力も体力も無くなりかけてますが、今日から始めます。心を軽くしたいです。本当に使わない物が有りすぎます。 北海道 主婦 77歳 女性
私は80歳です。「老前整理」でなく「老後整理」ですが、元気なうちに整理したいと思っていたのですが、物の無い時代に育った私です。刺しゅうしたり、ビ―ズ、又着られる洋にして、友人に喜ばれますので、ついつい整理がおあおくなり、元気なうちに早く何とかしたいと思っていました。新聞で見て「これだ!」と早速本屋に注文、今日届きました。一気によみました。心も暮らし個軽くなる、生活にしたいです。ありがとうございました。 神奈川県 ナシ 80歳 女性
引っ越し重ねて6度目ようやく落ち着くことが出来たら、70代になっていた。かなり不用品があると思っていたらこの本が目に付いた。老後のことを思うと、老前整理を今からしておかなくてはと気づかされた。体の動く今のうち。大変参考になった。ボツボツ片づけを始めようと思う。 愛知県 無職 70歳 男性
全く今自分が考え実践していることをそのものズバリで描いてくださいました。私は突然網膜裂孔という光を失うような病気になり2時間に及ぶオペの末、元気になりましたが、身辺整理をしておく必要があると考えていました。書類等(不動産)の始末やマンションなどのことをきちんとしておきたいと思います。よかったです。今年1年かけてのんびり片づけようと思います。 静岡県 ナシ 62歳 女性
私の家に80代後半の両親と同居しています。両親は「ここがあれば…」と些細な理由で物を購入し、部屋の中が常にいっぱいです。これは諭しても駄目でした。私も5御代にアンって、欲しいモノと必要なモノの区分をできる様、本書をテキストにして訓練したいと思います。「捨てる」に抵抗はあっても「使い切って」と「有効活用」ができる形で処分するようにしたいです。 神奈川県 会社員 54歳 男性
57歳の主婦です。私が思っていたことが全部文章人sっているようで一気に読んでしまいました。父と母の遺品整理をしていて、これを蒸す円たちにさせるのは申し訳ない…と思うようになり、何が何処にあるか、自分で把握できる身軽な生活をしたくなり、思い切って家を建築し、老後に向けて準備中です。完璧を求めず、時間をかけて、老前整理を完成させたいと思っております。ホントは江戸時代の長屋暮らしのようなシンプルな生活が一番良いのでしょうが…。 愛媛県 主婦 57歳 女性
私も子供3人が巣立ち、家内と二人となっています。本文にあるように、1部屋が子供グッズやら昔購入した品物でいっぱいです。捨てられずに困惑しているとことにこの本に出合いました。三個云うにいたします。どうもありがとうございました。 大分県 会社員 58歳 男性
すべてをご紹介できませんでしたが、お葉書を下さった皆様、ありがとうございました。