これを片づけたい9      

           【きもの】



きもののリサイクル

               

       娘時代のきもの         母親のきもの
                           

 きものも女性の手放しにくいものに挙げられるでしょう。

 洋服に比べて高価なものが多く流行に左右されにくいからでもあるのでしょう。

 嫁入り道具として親が誂えてくれたきものや、母親や祖母のきものを譲られたとい

う話もよく聞きます。

 雑誌には、きものをスカートや部屋着にするリフォームの仕方が紹介されています

が、実行されている人はそれほど多くないようです。

 リサイクルに出そうとした人は、「高かった泥大島が千円と言われたら、悲しくて

涙も出ないので出すのをやめた」そうです。

 この場合、捨てるよりも1000円でも誰かが着てくれるのであればそれで良しとし

ようという考え方もあります。またもう少し高く引き取ってくれるところを探すこと

も考えられます。

 他には日本人形を作っている人に差し上げますという人もありました。人形の帯や

きものに使えて喜んでもらえるそうです。

 お寺の市が立つ日に古着屋さんが店を出すので、そこへ直談判できものを売りに行

くという人もありました。


リフォームで活かす

 60代の女性Eさんはスポーツジムの更衣室で、隣で着替えている同年代の女性が

素敵なロングベストを着ているのに気が付き、思い切って声をかけました。

「奥さん、素敵なベストですね」

「そうでしょう。これわたしのきものを仕立て直してもらったのですよ」

「やっぱり生地がいいからですね。おしゃれだわ」

ほめられて気をよくした女性はベストを脱いで見せてくれました。

「リバーシブルで、裏もかわいい柄でしょ」

急に小声になってEさんが訊きました。「ところでこれを仕立ててもらうのにいくら

くらいかかりますか」

「15000円です」

 Eさんは値段を聞いてあきらめました。

 このベストに15000円出すのなら、洋服を買うと思ったからです。

 ベス トにした女性は気に入っていたきものを何とか生かしたいと思ったので

15000円は惜しくなかったのでしょう。このあたりが難しいところです。

 着物をほどいて縫い直す手間やかかる時間を考えたら高くはないはずです。しかし

洋服が手軽な値段で買える時代ですから、高いと感じてしまう。

 きものをどうにかするなら、手始めはタンスから出して虫干しをしたり、防虫剤を

入れ替えたり、手入れをしましょう。

 広げてみて、これから着る機会をつくるか洋服に仕立て直して着てみたいか、誰

か欲しいという人があれば譲るか思い出として残すか。どれでもないからリサイク

に出すか、さてどれにしますか。

『転ばぬ先の老前整理』より                           



うまい話にはご用心!!

*きものを手放す場合「押し買い」にご注意ください。

詳しくは 独立行政法人 国民生活センターの情報をご覧ください。↓

 http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20101221_2.html




【 これを片づけたい もの別 】

 これを片づけたい1⇒アルバム

 これを片づけたい2⇒来客用の布団

 これを片づけたい3⇒食器の整理

 これを片づけたい4⇒来客用の高級食器

 これを片づけたい5⇒人形が捨てられない

 これを片づけたい6⇒レコートやビデオ

 これを片づけたい7⇒記念品

 これを片づけたい8⇒手紙・日記

 これを片づけたい9⇒きもの

 これを片づけたい10⇒本を手放すには